そんぽの家S 足立保塚(東京都足立区)の評判や口コミ・費用・月額料金を確認する!

東京都足立区にあるサービス付き高齢者住宅「そんぽの家S 足立保塚」の評判や口コミ・費用・月額料金などをまとめてみました。

老人ホーム「そんぽの家S 足立保塚」(東京都足立区)の施設情報(入居費用、月額料金、居室、スタッフ)

そんぽの家S 足立保塚は東京都足立区保塚にあるサービス付き高齢者住宅です。

最寄り駅は、つくばエクスプレス六町駅で、徒歩10分の場所に立地しています。

費用は、入居時のまとまった一時金は必要ありません。月額の基本料金は、13.38万〜17.16万円で設定されています。

入所可能な要介護度は1〜5まで対応可能で、自立や要支援の方の入所も受け付けており、認知症の方の入所も可能です。

老人ホーム「そんぽの家S 足立保塚」(東京都足立区)の特徴(施設や介護・看護体制)

そんぽの家S 足立保塚(東京都足立区)が大切にしているのは、思わず「ただいま。」といいたくなるアットホームな雰囲気作りと、介護が必要な高齢者が安心して暮らせる設備とスタッフの充実です。

施設に入居後は比較的身体の状態に問題がなくても、出不精になったり生活が単調になりがちです。

変化のある生活は毎日にいろどりを添えるだけでなく、心身の健やかさを維持する上でも重要です。

そこでこちらの施設では、絵手紙や太極拳など様々なカルチャースクールを開催しています。

講座の内容は、インドアもアウトドアも幅広く、入居者の方の希望を取り入れた楽しさ一杯の取り組みです。

離れて生活しているご家族さまとは、面会の場で顔を合わせるだけでなく、ご家族同伴の旅行も企画しています。

入居後は消極的になりがちですが、様々なアクティビティによって入居者の方に積極的な生活を大事にするのは意義深いと感じます。

老人ホーム「そんぽの家S 足立保塚」(東京都足立区)を徹底評価!医療ケアや設備・建物など

そんぽの家S 足立保塚(東京都足立区)を利用する上のメリットのひとつは、居室と共用部分の設備が充実していることです。

家族や知人の方が訪れるエントランスは、オートロック装備で防犯面も配慮されています。

屋根が高く開放感の広がる食堂では、四季折々の食材を盛り込んだメニューをできたてで楽しむことができます。

居室は25㎡以上のゆったりした空間の全てにバリアフリー化されており、車椅子や杖をついていても段差なく自由な移動が保証された空間設計です。

家具の持込や配置も自由にできるので、自分好みに演出を楽しめます。

浴室やトイレも標準装備され、緊急時の呼び出し装置も設置されています。

調理で自分好みの料理をいつでも楽しめるよう、安全なIHキッチンも付属しており、収納スペースも用意されています。

居室の窓横にはベランダがあるので、選択物も早く乾きます。

鍵は入居者の方の保管に任されるので、施設の内外への外出外泊は自由です。

近隣のスーパーや公園で気ままな時間や買物を楽しむことができます。

入居者の方の個人のプライバシーと自由を重視している施設なので、よりアクティブに生活できると感じます。

老人ホーム「そんぽの家S 足立保塚」(東京都足立区)の口コミ・評判

そんぽの家S 足立保塚(東京都足立区)はアットホームな雰囲気を大事にしているので、スタッフの方ともフレンドリーな雰囲気にあふれていますが、それは確かな介護サービスの技術に裏打ちされた自信に基づいていると言えます。

なかには要介護度の高い寝たきり状態の方もいらっしゃいますが、快適に生活できるよう医療機関とも提携しながら、きめ細かい介護サービスを提供しています。

口コミに現れているのは、要介護度が高くなってもその場に応じたケアをお願いできるので家族も安心できる、との感想に接することができました。

「そんぽの家S 足立保塚」の詳細はこちら⇒

老人ホーム「そんぽの家S 足立保塚」(東京都足立区)が気になる!という方は…

仕事の関係でどうしても両親の介護ができない、両親と離れて暮らしている、老後が心配、認知機能の低下が不安……など老人ホームを選ぶ理由はさまざまですよね。

ただ要介護度や認知症の有無、入居金や月額料金などの費用、アクセスなど条件がさまざまあり、頭を悩ませます。

老人ホームに入れてから後悔するのは避けたい!だからこそしっかり比較検討したいものです。

しっかり比較検討するためにも気になった老人ホームがあれば、まずは無料で資料請求してみましょう。

【LIFULL介護】

まずはお近くの老人ホームの資料を取り寄せてみましょう⇒