シンセリティ千代田一番町(東京都千代田区)の評判や口コミ・費用・月額料金を確認する!

東京都千代田区にある介護付き有料老人ホーム「シンセリティ千代田一番町」の評判や口コミ・費用・月額料金などをまとめてみました。

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)の施設情報(入居費用、月額料金、居室、スタッフ)

シンセリティ千代田一番町(介護付き有料老人ホーム)は、東京都千代田区一番町の東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から歩いてわずか1分ほどの駅近が魅力の施設です。

65歳以上の要介護度1から5までの方、要支援1以上の方が入所でき、認知症の方の入所にも対応しています。

入居金が必要なタイプと入居金0円のタイプがあり、入居金0円の場合には毎月の家賃が必要となり、そのほかは管理費と食費が月額の費用としてかかります。

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)はこんな人におすすめ

おひとり様やご夫婦お二人で暮らせる2つのタイプを用意していますので、プライベートな時間を大切にした生活を実現させたい方におすすめです。

居室内には、エアコンや介護用伝電動ベッドをはじめ、温水洗浄機能付トイレや洗面台、緊急コールを完備していますので、快適な生活空間で毎日が過ごせます。

館内もバリアフリー設計を採用していますので、段差もないため車椅子の方だけでなく歩行が困難な方でも安心安全の生活ができる施設です。

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)の特徴(施設や介護・看護体制)

ほかの一般的な老人ホームとの大きな違いには、介護職スタッフのほかに24時間常駐している看護師による医療的ケアを受けられることです。

寝たきり、胃ろうやバルーンなどの症状をお持ちの方でも、夜間に医療的ケアを必要とされる方も安心して生活ができます。

国の規定による人員配置人数よりも多い人員を配置していますでの、手厚いサービスを受けられます。

医療機関との連携しているため、自立の方から重度の介護や支援を必要とする方、認知症の方にも、ひとりひとりに合わせたケアを実践していますので、入居者の方もそのご家族も安心です。

各フロアごとにキッチンを設けていますので、自炊もでき自由に利用ができるのも嬉しいポイントです。

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)を徹底評価!医療ケアや設備・建物など

シンセリティ千代田一番町では、看護師が24時間体制で常駐しているため毎朝のバイタルチェックだけでなく健康相談も行なっており、万が一通院が必要となった場合も付き添いによる送迎サービスも行なっています。

服薬が必要な方も飲み忘れや飲み間違えなどがないよう、服薬の管理も行なっているので安心です。

食事についても、管理栄養士が栄養バランスに考慮したメニューを作成し、それぞれの方に合った食べ方に応じた調理方法で提供しています。

ご家族やご友人の方のためのゲスト食の準備のほか、病気になった場合や介護が必要となった場合の特別食の用意もできます。

季節を感じられるイベント、毎日の生活の中でのカラオケやゲームなどのレクリエーションも充実しており、介護度に合わせて行き先を選んだ日帰り旅行や宿泊旅行は、入居者の方の楽しみのひとつとして人気です。

和やかに楽しい暮らしのために、入居者の方ひとりひとりの尊厳を大切にし、心のこもったサービスに努めている施設です。

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)の口コミ・評判

大きな施設ではありませんが、施設内はいつでも綺麗に清掃がされていて気持ち良く過ごせます、毎回温かく食べやすい食事をいただけるので以前よりも食欲が増し健康になりましたなどの実際に住んでる方の嬉しいコメントが多くみられます。

そのほかにも、少しでも咳がでたりした時でもすぐに看護師さんが駆けつけてくれ、近くの病院にも一緒に行って貰えたので悪くならずに済んで良かったなど、ケアサービスの良さを感じられる口コミがあるので、行き届いたサービスを行なっている施設と言えます。

「シンセリティ千代田一番町」の詳細はこちら⇒

老人ホーム「シンセリティ千代田一番町 」(東京都千代田区)が気になる!という方は…

仕事の関係でどうしても両親の介護ができない、両親と離れて暮らしている、老後が心配、認知機能の低下が不安……など老人ホームを選ぶ理由はさまざまですよね。

ただ要介護度や認知症の有無、入居金や月額料金などの費用、アクセスなど条件がさまざまあり、頭を悩ませます。

老人ホームに入れてから後悔するのは避けたい!だからこそしっかり比較検討したいものです。

しっかり比較検討するためにも気になった老人ホームがあれば、まずは無料で資料請求してみましょう。

【LIFULL介護】

まずはお近くの老人ホームの資料を取り寄せてみましょう⇒