老人ホームからサービス付き高齢者住宅へ

わたしの母は、3度目の骨折をして、家での介護が難しくなりました。

そこで、老人ホームに入居を希望したのですが、何年も待たなくてはいけないとわかり、老人ホームは諦め、ヘルパーを頼むことにしました。

ただ、ヘルパーの方を頼むのも、介護保険を利用しても、経済的に限界があり、どうしたらいいのか、途方に暮れていました。

インターネットで、老人ホームを探している時、偶然、高齢者の住まいをサポートするというNPO法人を見つけました。

相談料は無料ということなので、恐る恐る、電話をしてみました。

代表の方は、ご自身も高齢のお母様の介護を経験し、高齢者の住宅について考えるうちに、NPOを立ち上げたという経験をお持ちでした。

サービス付き高齢者住宅がどんな物が、まったく知らなかったので、
具体的に解りやすく教えていただき、候補となる住宅をいくつか紹介していただきました。

サービスの部分は、どこも大きく違いはなく、金額的には、家賃部分に差が出るようでした。
都心部の地価が高い便利なところは、家賃が高く、
郊外の地価が安いところは、家賃が安いのです。

2か月後にオープンするというところがあり、見学会に行きました。

新しいので、きれいなのはもちろんですが、すぐ隣にショッピングセンターがあり、クリニックや薬局も、クリーニング店も、美容室も、100円ショップもあります。

食事は、無農薬野菜を中心に、季節感のある献立です。

郊外にあるので、家賃も安く、ここなら毎月の支払も何とかなります。

写真を撮って、母に見せたところ、母も乗り気で、ここに決めました。

入居して、掃除と洗濯、入浴の準備と後片付けをヘルパーの方に頼み、
食事は食堂に食べに行き、自分の部屋で、本を読んだりテレビを見たり、母は、安心して暮らしています。

こういった選択肢があることが知れて本当に良かったです。

賢い老人ホームの探し方はこちら

関連記事

NO IMAGE

大阪の老人ホームについて

NO IMAGE

老人ホームの基本は「あいさつ」

NO IMAGE

「介護老人保健施設プレジャーライフ(大阪府東大阪市)」の体験談

NO IMAGE

元気なうちに入っておきたい老人ホーム

NO IMAGE

若いスタッフが長続きする老人ホーム

NO IMAGE

元介護職員に聞いた「老人ホームは職員の雰囲気で選ぶべき」