Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野(大阪市城東区)の評判や口コミ・費用・月額料金を確認する!

大阪市城東区にあるサービス付きの高齢者向け住宅「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」の評判や口コミ・費用・月額料金などをまとめてみました。

老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(大阪市城東区)の施設情報(入居費用、月額料金、居室、スタッフ)

大阪府の老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(サービス付きの高齢者向け住宅)は、大阪府大阪市城東区鴫野西5丁目20-11にあり、入居時にかかる初期費用は個室Aプラン、Bプラン共に0円から15万円です。

月額は個室Aプランの場合は7.2万円から11.09万円、個室Bプランの場合は7.3万円から11.19万円です。

60歳以上が入居でき、要介護度は5まで入居可能で、認知症の方も入居可能です。基本的に保証人が必要ですが、保証人がいない場合でも別途家賃責務保証制度で入居ができる場合があります。

老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(大阪市城東区)の特徴(施設や介護・看護体制)

Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野(大阪市城東区)は、建物賃貸方式の施設です。ナースコールがついており、介護や医療体制が整っているのが特徴です。

具体的には、インシュリンの投与やペースメーカー、人工肛門、たん吸引、中心静脈栄養、尿バルーン、人工透析、とこずれなど、幅広い医療面での受け入れ態勢があります。

9時から18時の間は看護師が常駐しており、訪問診療、及び訪問看護ステーションと連携しています。他の施設と比べると医療的なサービスも即時対応が可能です。そのため、介護度の重い方でも柔軟に対応することが可能なのが特徴です。24時間、365日、施設内には介護資格所有者が居るのが他の老人ホームと違う点のひとつです。

また、敷地内にデイサービスを併設しているのもWelfare(うぇるふぇあ)城東鴫野ならではといえます。特浴を完備しています。

老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(大阪市城東区)を徹底評価!医療ケアや設備・建物など

Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野(大阪市城東区)に入居するメリットは、介護度が重い場合でも賃貸方式で入居ができる点があげられます。

月額の賃料の他に管理費、食費、要支援、要介護度合いの介護保険自己負担額を支払うことになります。その他、介護一部負担金や医療費、おむつ等の日用品が1万円程かかりますが、料金が明確で分かりやすいメリットがあります。

個室にはトイレ、洗面台がついており、ウォシュレット、エアコンが標準装備されています。

また、川沿いのお部屋からは桜並木が一望できるのもWelfare(うぇるふぇあ)城東鴫野が人気となっている理由のひとつです。

定員は31人となっており、居室面積は18.00平米から19.16平米です。鉄骨で造られている建物構造で、2016年11月に建築されました。共用施設には、囲碁や将棋、麻雀台、談話室などがあり、リラックスして楽しむことができるスペースがあります。

個室でのプライベート空間と、共用スペースでコミュニケーションをとることができる空間の両方を持ち合わせているのが魅力です。広い個室に住みたいという場合には個室が狭いと感じ、その点がデメリットとなる方もいる可能性があります。

老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(大阪市城東区)の口コミ・評判

Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野(大阪市城東区)の口コミをみていくと…

経済的にも安心して暮らすことができ、デイサービスが併設されているので安心という口コミがあります。

また、食事は管理栄養士による献立で、厨房で手作り料理を提供してくれるのがありがたいという声も多くあります。

更に、訪問診療や訪問看護などの医療サービスが充実しているという点でも高い評価を受けています。

個室はフラットフロアのフローリングで、洗面化粧台やトイレは車いすに対応しているため、ストレスなく生活をすることができるのも人気の理由のひとつとなっています。

「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」の詳細はこちら⇒

老人ホーム「Welfare(うぇるふぇあ)城東鴫野」(大阪市城東区)が気になる!という方は…

仕事の関係でどうしても両親の介護ができない、両親と離れて暮らしている、老後が心配、認知機能の低下が不安……など老人ホームを選ぶ理由はさまざまですよね。

ただ要介護度や認知症の有無、入居金や月額料金などの費用、アクセスなど条件がさまざまあり、頭を悩ませます。

老人ホームに入れてから後悔するのは避けたい!だからこそしっかり比較検討したいものです。

しっかり比較検討するためにも気になった老人ホームがあれば、まずは無料で資料請求してみましょう。

【LIFULL介護】

まずはお近くの老人ホームの資料を取り寄せてみましょう⇒