サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート(大阪市都島区)の評判や口コミ・費用・月額料金を確認する!

大阪府大阪市都島区にあるシニア向け分譲マンション「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」の評判や口コミ・費用・月額料金などをまとめてみました。

「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」(大阪市都島区)の施設情報(入居費用、月額料金、居室、スタッフ)

サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート(大阪市都島区)はシニア専用分譲マンションとなっており、2016年に開設・分譲されています。

通常の分譲マンションと同じような扱いになっているので入居条件としては要介護度の自立から要支援・要介護全般を受け入れています、費用としても入居金として4580万円・月額およそ7万円程度となっています。

ただし認知症に関しての受け入れは明記されていないので、自立して生活できるのかどうかというところで相談する必要があるようです。

「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」(大阪市都島区)の特徴(施設や介護・看護体制)

サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート(大阪市都島区)の最大の特徴は通常の分譲マンションを同じようなスタイルになっているので、純粋に普通のマンションとして利用する事ができるというところです。

そのため介護が必要かどうかという部分は特に関係ありませんし、介護が必要になった場合には母体となっている病院に相談する事ができたり外部からのサービスも利用する事ができます。

また通常の分譲マンションと同じですが管理人が24時間常駐しているので何かあればすぐに対応できますし、派遣されるスタッフに健康相談などをする事ができるので介護の面でも手厚いサポートを受けることができるようになっています。

このように必要に応じて必要なサービスを受ける以外は老人ホームとしてではない生活をする事ができるというところが、最大の魅力とされています。

「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」(大阪市都島区)を徹底評価!医療ケアや設備・建物など

サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート(大阪市都島区)のメリットとして評価されているのが、分譲マンションでありながらも充実した介護サービスや設備を利用する事ができるというところです。

そのため自分にとって必要な介護サービスや施設を利用すれば後は自由に過ごすことが出来るので、老人ホームで生活しているという感覚がないというところは魅力だとされています。

また駅に近いということで交通の利便性も良いというところは家族も訪問しやすくなっていますし、外出として遠出もしやすくなっているのでアクティブに生活する事ができるというところもメリットだとされています。

ではデメリットとして評価されている点はというと、まず入居金が高額であるというところです。そのため入居するためのハードルが高くなっていますし、分譲マンションとしてのスタイルなので常に介護が必要だという人の場合は万が一の対応に不安を感じるという人もいるようです。

ほかにも医療依存度が高い人の場合はどうしても対応できない部分が多くなっているため、入居できない場合があるというところもデメリットだとされています。

「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」(大阪市都島区)の口コミ・評判

サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート(大阪市都島区)に実際に入居している人たちの口コミとしては、シニアブース以外にも通常の人たちが生活しているスペースがあるので幅広い人たちとの生活に刺激があるという声もいくつかあります。

また買物に関してもマンション周辺及びマンション内にお店があるので利便性が良いという声も多いですし、快適に過ごしやすい環境が提供されているという高い評価を受けています。

ただ最寄の病院ではなく提携している病院で対応するという事に不安の声が見られる事もあるようですし、窓を開けるとベランダ前がJRの路線ということで少しうるさいと感じる部分もあるようです。

「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」の詳細はこちら⇒

老人ホーム「サンフォーリーフタウン桜ノ宮サンミットコート」(大阪市都島区)が気になる!という方は…

仕事の関係でどうしても両親の介護ができない、両親と離れて暮らしている、老後が心配、認知機能の低下が不安……など老人ホームを選ぶ理由はさまざまですよね。

ただ要介護度や認知症の有無、入居金や月額料金などの費用、アクセスなど条件がさまざまあり、頭を悩ませます。

老人ホームに入れてから後悔するのは避けたい!だからこそしっかり比較検討したいものです。

しっかり比較検討するためにも気になった老人ホームがあれば、まずは無料で資料請求してみましょう。

【LIFULL介護】

まずはお近くの老人ホームの資料を取り寄せてみましょう⇒