都市型軽費老人ホーム ブルーポピー(東京都板橋区)の評判や口コミ・費用・月額料金を確認する!

東京都板橋区にある経費老人ホーム「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」の評判や口コミ・費用・月額料金などをまとめてみました。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)の施設情報(入居費用、月額料金、居室、スタッフ)

都市型軽費老人ホーム ブルーポピーは平成28年に開設された新しい老人ホームであり、東京都板橋区大門のビル内にあります。

施設の種別としては経費老人ホームと呼ばれているものに分類されていて、必要となってくる費用は入居金額は無料で月額7万円から25万円と非常に幅広くなっているところが特徴です。

入居できる条件として要介護度は自立から要支援・要介護5まで全ての介護度で入居が可能となっているほか、認知症の高齢者でも入居する事ができるようになっています。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)はこんな人におすすめ

都市型軽費老人ホーム ブルーポピーへの入居がおすすめされる人としては、まず条件として60歳以上の板橋区在住の人になっています。これは地域密着型の施設となっているための条件なので、このエリアに住んでいる高齢者にはまずオススメされています。

それを踏まえて、例えば自宅が老朽化してしまったり不便であるなど一人暮らしでの生活に不安があると言う人や、年金の受取額が低い人や生活保護受給者の人など生活費の支給が少ないために生活に不安があると言う人も挙げられています。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)の特徴(施設や介護・看護体制)

そんな都市型軽費老人ホーム ブルーポピーの他の老人ホームとはまた違った特徴として言われているのが、何と言っても定額の料金で入居する事ができるというところです。

特に都心部は高額の老人ホームが多いため生活費の支給が少なかったり資金がないという人の場合は利用しにくいところが多いのですが、都市型軽費老人ホーム ブルーポピーの場合は月額7万円から利用する事ができます。

しかも入居一時金も不要となっているのでいきなり大金を用意する必要がないですし、都市型と謳っているだけにお店や交通面などの周辺の環境も不便がないように整えられています。そのため利便性が高いという点もひとつの特徴として言われている部分となっています。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)を徹底評価!医療ケアや設備・建物など

では都市型軽費老人ホーム ブルーポピーを利用する場合のメリットとデメリットなどの評価なのですが、まずメリットとしては上記でも述べたように低額で入居・生活する事ができるようになっているというところです。

そのため介護が必要なのに入居できないという人でも安心して生活する事ができますし、医療や介護体制も24時間となっているので何かあった場合にもすぐに対応してもらう事ができます。

ほかにも医療法人が母体の施設なので、介護が必要になった場合には関連事業所で対応してもらったりケアマネージャーをつけてもらうことも可能となっています。

ではデメリットとしては何が挙げられているのかというと、基本的に共同生活となっているので他の人の迷惑となってしまう場合は退去を命じられてしまう可能性があるというところです。

また医療法人が母体ではあるのですが医療依存度が高いという人への対応は十分ではないため、医療依存度が高い人の場合は断られてしまう場合があります。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)の口コミ・評判

実際に入居している高齢者の家族からの口コミとしては、家庭的な雰囲気であることやスタッフの対応が良いことなどが評価されていますし、ビル内の老人ホームということで他のフロアへ迷い込まないように・認知症の人が迷わないようにという配慮がされている部分も安心感を与えているようです。

ただ共用部分に手すりが少なかったり、全室が窓側で共用部分が暗く感じやすいなどの評価もあるようで建物としての不備は若干ありますが、それをフォローする対応がしっかりされていると評価されています。

「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」の詳細はこちら⇒

老人ホーム「都市型軽費老人ホーム ブルーポピー」(東京都板橋区)が気になる!という方は…

仕事の関係でどうしても両親の介護ができない、両親と離れて暮らしている、老後が心配、認知機能の低下が不安……など老人ホームを選ぶ理由はさまざまですよね。

ただ要介護度や認知症の有無、入居金や月額料金などの費用、アクセスなど条件がさまざまあり、頭を悩ませます。

老人ホームに入れてから後悔するのは避けたい!だからこそしっかり比較検討したいものです。

しっかり比較検討するためにも気になった老人ホームがあれば、まずは無料で資料請求してみましょう。

【LIFULL介護】

まずはお近くの老人ホームの資料を取り寄せてみましょう⇒